新潟競馬場

毎年ゴールデンウイークと7月末~9月頭までの期間は新潟競馬場でJRAのレースが開催されています。

新潟の魅力の一つ、新潟競馬について書いてみようと思います。


都心からですと、関越自動車道でゆっくり3時間半ちょっとで新潟市内。そこから、国道8号新潟バイパスで競馬場ICで降ります。バイパス出口から既に渋滞が始まり、ある意味ワクワクしてきます。

新潟競馬場は都心の競馬場と違い、駐車場代は無料。とにかく凄い車の台数です。

駐車場に入るには一苦労。


新潟では風物詩ですから、この期間の土日は本当にホテルもいっぱいですし、盛り上がりが凄いのです。


さて、新潟競馬の魅力は何といっても競馬場の緑の美しさ、まじかに迫る迫力、そして新潟グルメなのではと思っています。


私は新潟赴任していた3年間で、何度お世話になったことか。

一人でコース脇の芝生に寝ころび身体を焼きながら昼寝。たまにレースを楽しんだり。

それからは病みつきです。


競馬場の特徴は、日本で唯一の直線1000mのコースがあります。

この直線1000mで行われる唯一の重賞レース(特別大きなレース)は大変盛り上がります。


競馬の事はさておき、新潟グルメが楽しめるのも魅力の一つです。

私は毎度ですが、競馬の「かつ丼」を頂きます。

何故か店名は「ゆたか」って言うんです。(笑)※競馬ファンなら何となく笑えます。

新潟の「かつ丼」は関東で食べるカツ丼とは別物です。玉ねぎも入っていません。卵でとじてもいません。その代わりたれがかかっています。「タレかつ丼」ですね。

それにからしをつけ、紅ショウガを添えます。

何とも言えず、くせになる味です。


新潟グルメと言えばもう一つ。

それは、何といっても「イタリアン」でしょう!

初めて食べたときは衝撃的でした。ミートソースとかホワイトソースがかかった焼きそばとでも言いますか。関東では見たことがないグルメです。

新潟中心部のバスセンターにある「みかづき」というファーストフード店で食べることができます。個人的には好きです!


カッコよく言うと、新潟グルメの代表はもちろん「米」「日本酒」「のどぐろ」「へぎそば」と言ったところなんでしょうが、地元に居るともっと笑顔になれるグルメは沢山あります。そうそう、新潟は何故かラーメン店の激戦区でもあります。あまり知られていませんが、長岡の青島、燕三条の杭州飯店は有名ですが、とにかく色々あります。


今年は新型コロナの影響で行けておりませんが、落ち着いたら必ず行きます。


ターフの鮮やかなグリーンに癒され、新潟グルメに舌鼓を打ち、日本酒に酔いしれる。

※日本酒の事ももっと書きたいのですがきりがないので、この辺で。


是非、新潟を訪れてみてはいかがでしょうか?




13回の閲覧

Copyright © 2020 GENKI CREATION LLC All Rights Reserved.