健康促進と自然保護について

朝のウォーキングを始める

 先月、健康診断を受けました。20代から比べて体重が20キロ増となり、メタボリック症候群まっしぐらな部分は改めて受け入れなくてはなりません。これが現実だと。

結果は、胃の上部にポリーブ(基本的に心配はないそうです)と高尿酸値が引っかかっております。高尿酸値はご存知の通り、文明病とでも言いますか、放っておくと「痛風」に発展します。正直、今のところ痛いとかはないのですが、やはり50歳を超えると危険がいっぱいです。


 差しあたって、今できること、それは体重減少に向けての定期的な運動だそうです。(笑)


 一応、スマホのアプリで毎日の健康管理みたいなことはやってますが、その日の体重、気が向けば血圧と食べたものの記録…。そこで目にするのが一日の歩数管理です。定期的な運動云々の前に「歩く」という極当たり前のことが出来ていません。ちなみに通常4000歩前後、土日は下手すると1000歩以下という数字が残っております。以前、百貨店勤務のころはそんなこと考えもせず、一日平均すると17000~20000歩歩いてましたので、本当に歩かなくなりました。


 定期的な運動で、今後も飽きずに継続できるもの。う~ん(笑)

以前は、ジムに仕事帰り通い水泳したり、ランニングマシン使ったり、ウエイトトレーニングもやりました。でも、中々続かないんですよね。30分間走もやりました。とにかく、15分あてもなく走って、アラームかけ、15分地点からもと来た道を家まで帰る(笑)、それだけなんですけど、これも一時的にはいいのですが、ずっとは続かないんです。

 

 そこで、今回は意を決して選択したのは、「朝のウォーキング」です。意を決するほどのことではないのですが、夫婦で1時間強歩くことにしました。朝の散歩ですから、正直苦痛もないですし、続きそうです。ちなみに今日までで20日程度続いています。


浦和健康志向の聖地、別所沼公園

 コースは色々考えましたが、やはり、浦和に住む健康志向多くが集う別所沼公園を目指すルートにしました。自宅からの往復で約6.5キロと言ったところです。


 別所沼公園は、JR埼京線中浦和駅から徒歩5分のところにあります。浦和駅からも10分程度だと思います。緑と大きな池がある公園で、本当に気持ちのよい公園です。かなりオススメです。


 池には二つの噴水があり、この時期ならば、太陽光の屈折で虹がほぼ毎日綺麗に見えます。これを毎日眺めるだけでも価値ありなのです。池の外周は約900mあります。

 私は高校生のころ、応援団におり、夏合宿ではこの池の周りを走らされたり、下級生全員で馬飛びをやらされたりしました。いい思い出です。

 朝から多くの老若男女が集まっています。






小さな動物園

 別所沼公園の魅力の一つは天然の小さな動物園だということです。緑と豊富な水に恵まれていることから、池には大きな鯉が泳ぎ、カルガモを始めカイツブリの親子、鳩がおります。噴水近くにはシラサギもいますが、やはり一番の注目は「アオサギ」です。




 右の写真は「アオサギ」です。渡り鳥の種類で、ペリカン目に入るそうです。

水辺の魚類、甲殻類、両生類、爬虫類、小鳥のヒナを食べます。ここ30年くらいの間で増殖し日本中で見られるようになったようですが、見ると縁起が良い鳥とも言われています。


 良くは知りませんが、古代エジプトでは不死鳥(フェニックス)はこのアオサギだった?とも言われているようですね。


 別所沼公園のアオサギは、毎日拝める訳ではなく、湖畔にいたり、噴水近くにいたり、木に止まっていたりします。今のところ、この写真の1羽しか確認できておらず、つがいはいないようですね。あと数週間、もう少し先でしょうか?また、南の方へ飛んでいくのでしょうね。


 毎日毎日、釣りを楽しんでいらっしゃるオジサマ方や、ランニングをされている常連さんは余り気にされていないようですが、私たち夫婦はどうしても気になって出会うと必ず「パシャッ」と写真を撮ってしまいます。


 一番下の写真の場所は面白いところで、アオサギの周りにカメ、鯉、カモ、鳩がひしめきあっています。面白い光景なんです。


 別所沼公園を訪れたときは是非ともアオサギを探してみてください!













行き帰りの道中の楽しみ

 行き帰りの楽しみは何といっても「蝶探し」です!!浦和には散歩用の緑道がいくつもあります。そのうちの一つである「常盤緑道」は様々な「蝶」の宝庫です。


 恐らく、緑道には色々な花を伴う植物が生息しているのもあるでしょう。


 黒アゲハから、アオスジアゲハなど結構すばしっこいので写真を撮るのに苦労しますが、これも毎日の日課になってしまいました。


 子供のころから蝶やトンボ、カブトムシ、クワガタ、カマキリなど昆虫にはずっと触れてきたのですが、大人になると興味が薄れすっかり忘れていました。蝶の自然の美しさは本当に素晴らしいですね!


 調べると大して珍しい蝶ではないようですが、マニアの方の気持ちが少しわかるような気がします。








健康と自然との相乗効果

 人生100年時代と言われていますが、自分の足で歩き、自分の歯で美味しいものを食べ、自分の考えで行動するという極当たり前の健康寿命をもっと伸ばし、豊かな人生を過ごすには、若いうちから(私は決してもう若くはないが)、継続的な健康促進活動をすることだと思います。簡単なウォーキングはオススメですが、歩かなくても走らなくても色々と生活習慣の中でできることも沢山あるでしょうね。


 せっかくなので、外にでましょう!ウォーキング、ジョギングなどがオススメなのは、自然に触れ、心がリフレッシュできるチャンスが多いことです。毎日公園に行き、何となく触れた自然は本当に心を動かされますし、活力にもなります。この自然を次の時代にもきちんと残したい、とか、もっと多くの人に伝えたいなどと思います。


 別所沼公園はさいたま市営公園ですが、その緑地を維持するためにボランティア活動で植物を守ってくれている方がいらっしゃいます。その活動は生物の生命を守り、そして、公園を訪れる多くの市民の心と健康を守ってくれています。


 私はまだ、健康を手に入れる代わりに自然に何もしてあげられていません。でも、これこそが人間にとってこれから最も大事な活動となるのではないでしょうか?ビジネスの世界でも同じです。GENKIクリエイションが提唱する「日本を元気に!」するために、元気を手に入れる代わりに、自然や歴史や家族や世の中に何かしてあげられる仕組みを作りたいですね!本当に難しいですが、これは私自身に与えられた一生の課題だと思います。


 明日も、健康を手に入れるため、自然と触れ合います。何ができるかわかりませんが、私なりに答えがでるまで毎日ウォーキングを続けようと思います。

25回の閲覧

Copyright © 2020 GENKI CREATION LLC All Rights Reserved.