INFORMATION

BONSAI LIFE はじめました!【さいたま市/盆栽清香園】

「盆栽」と聞くと、昔はちょっとお金持ちのおじいちゃんや、オジサンがハサミとジョウロを手に道楽として楽しむようなイメージがありました。そうそう、最近では、ドラマ半沢直樹で、柄本明さん演じる箕部幹事長が、執務室でチョキチョキやってましたよね、あれ、あのイメージです。(笑)

しかしながら、今、そのイメージは間違ったイメージです。

世界的にナチュラル志向や、自然と共生したいというライフスタイルはガーデニングだけでなく、様々な形で生活に溶け込んできました。また、日本人が日本の本当に素晴らしい伝統を捨てようとしている反面、世界からは日本の素晴らしき文化を急速に受け入れる風潮があります。

その一つが「盆栽」です。

盆栽は、元々は中国に似た文化があったようですが、日本に流入してからは、日本独特の他の文化と共に、受け継がれ進化して参りました。その名の通り、「盆」の上で表現され、楽しむ、植栽なのですが、恐ろしいくらい奥深いミニチュアジオラマの世界観なのです。

盆栽は外観を楽しみ、そして顔を近づけ、下から覗き込むように眺めます。一つ一つの枝葉の美しさや、幹の何とも言えない湾曲に胸が高鳴り興奮が収まりません。

そして、植物は生き物であることを実感すると、毎日日々の変化を水やりや裁定により感じます。愛着がわきます。家族になります。家に共に暮らします。

私たち夫婦は、お付き合いのある同じ市内の清香園様のご指導の下、盆栽生活を始めました。しだれ桜、金豆、白梅、紅梅、杜松と現在5つの盆栽と共に暮らしております。日々の水やりも変わっていく姿も本当に癒されますね。小さくても家で白梅とともに正月を祝ったり、花見ができたり、最高じゃないでしょうか?

清香園では、ワークショップや盆栽教室も行われております。

是非、一度、さいたま市の盆栽村まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

盆栽清香園ホームページ 盆栽 清香園 ~盆栽の作り方・育て方は彩花盆栽教室へ (seikouen.cc)

シェアする