INFORMATION

日本の素晴らしき手仕事。若き職人クリエイターを応援します!【高知市/土佐組子】

ひょんなことから知り合うこととなり、すっかりその卓越した技術、商品デザインの魅力に取りつかれました。それは、高知市春野町にある「土佐組子」です。組子とは日本古来1300年くらい前からある伝統的な建築技法です。小さな木片を何千、何万と緻密な計算に従って組み上げていきます。最近では和食店や居酒屋の壁面などにも「組子もどき」が使われていることがあります。もどきと申し上げたのは、先進のレーザー加工機で似たような「組子」と似た柄にベニヤ板などをくり抜くこともできるので。本物の「組子」はそれはそれは、大変な手仕事です。気が遠くなるような小さな木片を手で組み上げていきます。

私がその魅力に取りつかれた「土佐組子」を立ち上げたのが、岩本大輔さんです。日本の若き職人クリエイターです。既にLEXUS NEW TAKUMI PROJECTでも活躍されているクリエイターです。伝統技法と共に、現代の先進的なデザインや発想力で次々と新しいチャレンジを重ねてきました。本当に心から尊敬し、そして応援したいと願う方です。

組子の技法を用いた箱や、進化したギミックボックス(ワインケース)、そして建築にまで生かされた「耐力壁」など。是非、一度触れてみてはいかがでしょうか?

土佐組子ホームページ 株式会社 土佐組子 | 日本の「こころ」を「ステキ」に彩る (tosakumiko.jp)

 

シェアする